資格に挑戦

高卒から目指せて実用的な資格、おすすめは生涯役に立つもの

投稿日:2019-01-19 更新日:

資格自体にあまり意味はなし

資格にモノを言わせるつもりはありません。

資格を取ることだけに全身全霊を尽くして、取得したら放置では勉強した意味がありません。

そうです、「資格を取得すること」は結果的に付いてくるのであって、目標にすべきは「勉強したことを自分の資産にする」かなぁ~と私は思っています。

なので何でもかんでも資格を取ればいいかということではなく、資格が無くても使えれば(知識が頭に入ってればいいよね)な考え方もできるわけです。

資格の代名詞として「就職に有利」とか「転職で使える」「ハローワークの求人多いよ!」などありますが、そのように有利に働くということは、もちろん職に就いたあともその知識が必要になるんですよね。

もっともコスパが良いのはたぶん「大卒の資格」だと、高卒の私は思っています。世の中大卒や専門学校卒業が当たり前のなか、高卒で卒業時にはとくに将来何をしたらいいかもわからず、だらだらとアルバイトを続け、就職せず正社員にならず、ここまできてしまった私は今かなり生きづらいです。

気付くの時遅し。いわゆる、「職歴無し」という看板がドーンと突き刺さっている状態です。(-_-;)

こんな私ですが、これまでいくつかの資格に興味をもち、実際に講座を受けてみたり、調べたことから高卒で使える資格は何か?を書いてみたいと思いました。

資格を取得するメリット

初めに言いますが、私のような高卒で職歴無しの中年は、資格を取ったからといって生活が変わるものでもありません。資格はとっただけで効力を発揮しないからです。

組織の中にいてスキルアップのために取得する人が本来の目的というか使い方でしょうね。

私のようなものが資格を取得する意味は、資格を取得することにあらず、取得した資格は頑張った「証」としてコレクションにでもせよです。

どうゆうことかというと、勉強したことそのものを生かして前にすすめってことです。

他に資格に挑むメリットは、

  • 自分に自信が持てる
  • やれば出来ると勇気が湧いてくる
  • ただのダメ人間じゃないと思える
  • 次に進むいいきっかけになる

とくに、目標や生き甲斐がなく、ただ毎日の時間が過ぎているなら、何か新しいことに挑戦することにはとても意味があります。

ただ年取っていくより、得るものがあったほうがいいから

今後ますます需要がありそうな資格(柚子胡椒セレクト)

日商簿記

3級→個人事業主向け

2級→会社の簿記

1級→難関。合格すれば「税理士」の受験資格が与えられます。

会社で経理をする人だけでなく、お金は一生付き合うものなので知識があるに越したことはないです。日商簿記3級を勉強するだけでも「四季報」の数字が読めたり、副業として投資をしたり、自分の資産管理するときに役立ちます。最近はクラウド会計ソフトが主流ですよね。確定申告も画面に従って入力していくだけで簡単に出来るようになりました。「プロ任せ」ではなく、自分自身でしっかりと管理していく時代です。

税理士

http://www.nta.go.jp/index.htm

【試験科目】

会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)の2科目(必修)と税法に属する科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)のうち受験者の選択する3科目所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択


税理士試験は科目合格制

受験者は一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっている。合格科目は生涯有効です。

【合格基準】

合格は各科目60点以上で、例年受験者の10~20%が合格している。相対評価であり、全体の平均値に左右される。

合格科目は、会計学に属する科目2科目及び税法に属する科目3科目合計5科目に合格する必要がある

クリックで拡大

お年寄りの世話が好きなら「介護福祉士」

http://www.sssc.or.jp/kaigo/

介護福祉士を受験するには、介護職員初任者研修の130時間を含めた450時間の研修を修了している、または2年などの所定の専門的教育過程を経ていることが条件です。その上で筆記試験と実技試験に合格して、初めて得られる国家資格です。

高卒でも3年以上、業務に従事していて研修を受ければ誰でも受験資格が得られます

そして介護福祉士がおすすめな理由は将来的に「ケアマネージャーを目指せるから」です。プランとしては介護職に3年勤務→介護福祉士→ケアマネージャーが理想かなと思います。

参考

政府は金属10年以上の介護福祉士を対象に、月額平均で8万円相当の賃上げに踏み切る方針を決めた。

実施時期は2019年10月~

財源には消費税10%の造修分が充てられる。

高齢化の影響で介護業界は人手不足。ニートやフリーターが安定した職を求めて介護職に入ることは意外と多いらしい。ただ、体力仕事なので注意。送迎があるところは要運転免許です。

https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no532/

どの資格にも賛否両論ありますね。私はわりと「周りから固めたい人」でもあり、「資格とは公認された証明」だと思っているのでとくに「国家資格」は支持派です。

時代のIT化で激熱!情報系の資格

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • 高度技術者
引用元 IPA公式サイト
クリックで拡大

https://www.jitec.ipa.go.jp/

とくにエンジニアは人手不足なのでプログラミングが得意な人材は引く手あまた。仮に就職せずともフリーランスやノマドワーカー、在宅ワークで生計を立てていくことは可能だが、この業界で生き残るには高度な技術が必要といえそう。

ITパスポートを受験するメリットは?合格までの勉強時間と道のり。

続きを見る

プログラミング以外にも場所を選ばすに出来ることは「アフィリエイト」「投資」「タスク系の求人」「文字起こし」などある。

アフィリエイトで生計を立てるならアドセンス一本では心もとない。

アフィリエイト

「成果型アフィリエイト」「物販(安く仕入れて販売する)」「セミナー開催」「自分のノウハウを人に売る」など組み合わせてさまざまなビジネスに拡大する行動力と頭の回転の速さが必要。また向いているタイプとして自分の経験値を上げたり知識を増やすことにお金を使える人だと思いました。成功者を見ていて。

投資

積み立てNISAなどの資産運用。毎月使える分を少し節約して、資産運用に充てる。始めたころはあまり成果も感じないし生活だけカツカツかもしれないけど、後々大きくなって返ってくる。現実的な選択だといえる。

在宅ワーク

文字起こしで生計を立てている人は実際にいるが、プロでも10分の音声を起こすのに1時間とかかかる。話手がアナウンサーのように発音がいいとは限らないから。でも最近は、音声認識システムの普及があって、まだまだ精度は低いが近い将来、人間が起こさずとも機械が自動でその仕事をするんじゃないかと思います。

タスクで生計を立てるのは正直無理。単価がとても安いのだ。作業時間は倍かかるし。副業でちょうどいいくらいで、「Web制作、プログラミング、システム開発、文字起こし、その他高単価の案件」以外を一本で仕事していくつもりなら生活習慣病になりそうです。

クラウドワークスは本当に稼げる?怪しい?

続きを見る

Web系の資格

現在、世界中にあるWebサイトの数は5億を超えています。

企業のサイトはもはやただの会社紹介ページではなく、立派な経営戦略のひとつとして運用されています。

Webサイト制作、Webサイト保守、Webサイト管理者もエンジニアと同じく手職、技術者であり、引く手あまたといえるでしょう。

TOEIC

https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/guide01/schedule.html

IT系の資格を取得してプログラマーやエンジニアを目指すなら併せて勉強したいのが英語力です。扱う言語が英語で書かれているので(日本語のソースコードってあるの?)英語がわかると理解も深まるのではないでしょうか。近年、国際化が進んで、電車内や病院などでも日本人以外をたくさん見かけるようになりました。

無線従事者

https://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/capacity/

ネットワークの延長線で挑戦してみてもいいと思います。

数学や工学系が得意な人向けです。難関の理系資格では弁理士の次くらいに無線従事者かなと。

試験区分によって難易度も異なります。勉強すれば見える世界が変わりそう。

http://www.nichimu.or.jp/

電気技術者試験

https://www.shiken.or.jp/

この資格を取得するメリットは「独占業務である」こと、年齢に左右されず働けること。50歳を過ぎてからでもこの資格があれば雇ってもらえる強みがあります。ハローワークで求人を探すときも、「電気技術者」の枠で探せばOK。作業系だとやることはどこの職場でもほぼ同じ。手職の強みです。一度取得したスキルが生涯役に立ちますね。

危険物取扱者 乙4

https://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/schedule_later.html

ガソリンスタンドに最低一人は設置が義務付けられている資格です。

常に一定の需要があることから転職に有利。

生活をするうえでも知っていると役に立ちそうです。

公務員

いつの時代も安定の王様ですね。

受験にあたっては「高卒」「大卒」「社会人枠」があります。高卒で受験資格が得られるものから、大卒じゃないとダメなもの、院卒じゃないとだめなものがあります。

そして年齢制限も地域や種類によって異なるようです。

気になる人はお住まいの地域のサイト(役所)を確認してみてください。

国の仕事をする人なので、潔白であることは共通条件となっています。(逮捕歴や犯罪が無いなど)

https://90r.jp/shikaku.html

公務員は倍率がめっちゃ高いですが、合格できれば後々いいので、人生は保証されたようなものですね。

国税専門官

国税専門官採用試験の受験資格は21歳以上30歳未満年齢を満たしていれば学歴は問われません

国税専門官は国家公務員です。


国税専門官採用試験に合格し、採用されるにあたって最終学歴や学部で判断されることはあまりありませんが、国税専門官採用試験を突破するには会計学や商法を始めとする専門知識が求められるため、法学部などで法律を学んでいると有利になるでしょう。

引用元 キャリアガーデン

http://careergarden.jp/kokuzeisenmonkan/naruniha/

難関ですが晴れて合格できれば人生バラ色になれるでしょう。

司法書士、行政書士

行政書士→民法

司法書士→民法+刑法

試験に合格した後が大変かなと思います。試験に合格しただけでは「書士」を名乗れません。書士として仕事をするには試験合格後に研修を受けて手数料を支払い書士会に登録する必要があります。(司法書士会または行政書士会)

研修参加は自費で、書類を提出したり、バッジや必要なものを揃えるのに20~30万ほどかかりそうです。

書士になると、事務所に雇われて働くか、独立開業するか選択しますが 、地域には御贔屓がいるものなので、 親から継いだ地盤などのコネでもない限り新規参入で生計を立てるのはよほど大変。未経験はまず事務所で働いて、経験を積んでから独立する人が多いそうです。

「登録料」というものを毎年書士会に納めなければいけません。収入があってもなくても、書士として登録している間は。

ペーパーレス化が進み行政書士の仕事も減ってくる中、行政書士、司法書士、中小企業診断士、税理士などはダブルライセンスで事業拡大できる資格でもあるので、これから勉強されるならダブル、トリプルを視野に入れて能動的に動いたほうがよさそうです。

例えば行政書士だけだとコスパの悪い資格ですが、税理士も併せて取得すれば独立するにしても請け負える仕事の幅が広がりますからね。

http://www.shiho-shoshi.or.jp/

やる気があれば何でも可能!!興味があれば挑戦されてみてはいかがでしょう。(=゚ω゚)ノ私も挑戦していきますし、みなさんのことも応援しています!

共に頑張りましょう!!

 

資格の宣伝では毎年上位だけど正直微妙だと思う資格

医療事務・調剤薬局事務

民間資格。この資格が無くても医療事務はできる。

調剤薬局は薬の知識が必要なので全くの素人が採用されることはないかもしれませんが、ムキになって高い受講料を支払ってまで取得する資格ではないと思いました。

これを取るなら「登録販売者」を取得したほうが資格自体の価値はありますよ。

登録販売者は国家資格で、今後もドラッグストアなどで一定の需要が見込まれます。

MOS

受験料高すぎ。フリーターがMOSを取れば就職できるという理由ならおすすめしません。接客業や介護職がMOSを取っても使いませんし、会社勤務の人は必須スキルといえます。事務や会社に就職転職するためのスキルアップでMOSを取得するなら有効じゃないかなと思います!履歴書にも書けます。

私もPCを使用して仕事を受けるのでMOSがあったほうがいいかなと思いましたが、業務で必要な時に使えれば問題ないやという考えに変わりました。

3年ごとに新バージョンが販売されるので、お金がかかるという理由もあります。

office2019は1月22日に発売開始されます。

永続ライセンスのofficeより、使うならoffice365のほうがいいんじゃないかしら?と思うこの頃でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柚子胡椒

30代 独身 フリーランスという働き方に憧れている。生活の「?」や経験を共有します。知識教養を学ぶべく勉強しています。趣味は挑戦すること(`・ω・´)

-資格に挑戦

Copyright© ion , 2019 All Rights Reserved.