プラグイン

評判がよいプラグインを試してみた感想、手あたり次第にインストールしたら外す作業がメンドクサイ

投稿日:2018-12-29 更新日:

WordPressでサイトを始めようと思ったけど、プラグインはどれをインストールしたらいいかわからないを解決するために、実際に使用して感想をまとめていきます。(随時更新)

プラグインを使用することのメリット

  • カスタマイズが無限に広がる
  • HTMLやCSS、Javaスクリプトなどの知識が無くても機能を実装できる
  • テーマ変更したら白紙になるコードもプラグインで実装すればいちいち書き換えが不要なところは保守性に優れているといえる

プラグインのデメリット

  • プラグインが多いとセキュリティホールが生まれやすくなる
  • WordPressが悪用された事例はある
  • プラグインが多すぎるとメンテナンス不可能になる
  • アップデートの更新に気付かない
  • 干渉しあってサイトが重くなる恐れがある(動作が遅くなる)

 

私は当初30個ほどインストールしていて、さすがに多いような気がしましたが、プラグインは便利なので適度に活用していきたいところ♪

記事を入力するときの文字装飾くらいは自分で直接コードを書けるようになろうと思います。


現在、インスト―ルしているプラグイン

Easy FancyBox

サイトを見てる人が拡大することができる。

画像をクリックするとボヨーンとエフェクト付きで拡大されます。

変更したテーマに機能が備わっていたので削除しています。

WP Fastest Cache

アパッチ系サーバーと相性がよいキャッシュ削除プラグイン。シンプルかつ簡単で使いやすい。

プレミアムにバージョンアップしないと使えない機能もあるが、今のところこれだけで満足してます。画像最適化はプレミアム版の機能ですが別途プラグインを入れれば対策OK(^^)/

Imsanity

画像をアップロードするときに自動でリサイズしてくれる。

EWWW Image Optimizer

自動的に画像を圧縮してアップロードしてくれる。

既にアップロードしている画像も圧縮できる優れもの。

 

画像のリサイズと圧縮は ImsanityとEWWW Image Optimizerで完璧!即・軽量化!

続きを見る

BackWPup

サイト運営の要、バックアップが簡単にできるプラグイン。

no image
BackWPupで自動バックアップの仕方

続きを見る

Contact Form 7

問い合わせフォームを設置できる。


Contact Form 7 は複数のコンタクトフォームを管理できてその上フォームとメールの内容を簡単なマークアップで柔軟にカスタマイズしたりもできます。Ajax によるフォーム送信、CAPTCHA、Akismet スパムフィルタリング等々サポートしています。

詳細より引用

ただ一つ、入力後の確認フォームがない。

MW WP Form

入力後の確認フォームあり。日本人は確認する習慣がついてるので、とくにビジネスではこちらがいいと思います。

Google XML Sitemaps

xmlサイトマップを自動的に生成します。

Google search consoleにWebサイトマップ登録ができる。

WordPress インポートツール

投稿、ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグなどを WordPress エクスポートファイルからインポートする。

Wordpres記事の移行後に削除しました。

WP Multibyte Patch

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行う。
このプラグインを外すと文字化けを防止できないので必需プラグインです。

WP-Optimize

データベースの掃除屋。
手動ではなかなか難しい部分なので、入れておくとよいです。

 

削除したプラグイン

Image Widget

記事を投稿しながら画像をアップロードして掲載できる。

テーマでサポートされているので不要になりました。

WordPress Popular Posts

サイト内でよく読まれている記事を表示できます。

テーマでサポートされているので不要になりました。

strx magic

スクロールバーに追随させるプラグイン。現在サポートされているか不明です。

プラグインを選ぶ際はサポートや更新が定期的に行われている発行元を選びましょう。更新が長期間止まっていたりサポートが終了しているプラグインは脆弱性の可能性があるので避けたほうが無難です。

download monitor

画像やPDFをダウンロードできるようにする。

shortcodes ultimate

記事を見栄えよく装飾できる。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

WordPressをインストールするとデフォルトの状態で入っているプラグイン。
自動的にコメントをチェックしてスパムが疑わしいものをフィルターしてくれます。 コメント欄を設置しない場合は不要です。

Regenerate Thumbnail

アップロード済の画像を一括リサイズしてくれる。

Compress JPEG & PNG images

圧縮後の画質にこだわりたい方はとくにオススメです。

ブラウザ上で使えるサービスとプラグインできるものと両方存在します。

無料版は500/月の枚数制限があり、足りなくなったので変更しました。

画質の劣化が目立たない!tinypng(画像圧縮)

続きを見る

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

Google アナリティクスのレポートとリアルタイム解析をダッシュボードに表示します。 
Webサイトのすべてのページにトラッキングコードを自動的に挿入します。

All in One SEO Pack&Yoast SEO

テーマに備わっているのでSEO系プラグインは入れません。

Add Quicktag

頻繁に使用する定型文やHTMLタグを登録しておいて便利ボタンで呼び出そうというプラグインです。

よく使うタグはあまり多くないので不要と判断しました。

Quick Adsense

簡単に広告を貼れるように手助けをする。このプラグインを使用してヘッダーとフッダーに広告を設定していましたが、ヘッダーの読み込みに時間がかかっていたようで、このプラグインを削除することで若干の軽量化できました。

Ad Inserter

Googleアドセンスの広告を好きな場所に配置できる。細かい設定が可能です。

かなり素晴らしいプラグインだとわかったのですが、使いこなせず断念。

Push7

 記事の更新通知を送れるプラグイン 画面に「更新通知を受け取るor受け取らない」を表示することができる。

Autoptimize

HTML、 CSS、 JavaScripのコードを最適化してサイトの表示速度を上げられる。

Lazy Load

サイトへアクセスしたときに文章を先に読み込んで、処理に時間のかかる画像は後から読み込むことで表示スピードを上げようというプラグイン。私はこれを使ったとき画像が全く読み込まれなくなったので止めました。テーマとの相性があるかもしれません。

SNS Count Cache

SNSでシェアされた数を表示できる。この機能を実装しているテーマも結構ありますね。現在はサポートされているか不明になってます。

Avatar Manager

サイトプロフィールを変えるとき、いちいちWordpress.comにログインするのは面倒です。これを使うとアバター画像をWordpressの管理画面で変更できるので便利。現在はテーマに備わっているので不要になりました。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柚子胡椒

30代 独身 フリーランスという働き方に憧れている。生活の「?」や経験を共有します。知識教養を学ぶべく勉強しています。趣味は挑戦すること(`・ω・´)

-プラグイン

Copyright© ion , 2019 All Rights Reserved.