日商簿記2級 資格に挑戦

日商簿記2級を始めた感想と合格計画を立てる!

投稿日:2019-03-07 更新日:

 

簿記検定3級も終わり一休みしたいところですが、間髪入れずに2級を受験することにしました。

次回試験は6月の第二日曜日です。

準備が間に合わなければ11月の受験を予定しています。

 

以下、商工会議所のサイトより引用

https://www.kentei.ne.jp/25342

 

3級から2級へステップアップ

2級の範囲は3級で勉強した内容をひっくるめています。

3級の内容を理解しなければとても難易度の高い壁となるでしょう。

日商簿記検定は原則、下級の出題範囲は試験範囲に含まれています

3級を飛ばして2級から受験される方、3級の受験から月日が経過されている方、いったん3級の内容を復習してみると入りがスムーズかもしれません。

私は記憶が薄れるといけないので月日が経たないうちに挑戦してみます。

 

3級と2級の違い

3級はいかに基礎的な内容であるかを実感します。

ただ”日商簿記3級に合格できればいい”なら、暗記だけで合格できるでしょう。

最低でも勘定科目の暗記と、精算表を作成、試算表を作成、貸借対照表と損益計算書を作成、商品有高帳の先入れ先出し法と移動平均法、勘定記入、用語記入対策 を重点的に勉強したらいいです。

2級や1級へのステップアップを視野に入れている方であれば、暗記法ではなく、論点を理解することが肝になってきます。上級になればなるほどです。

とくに1級は試験範囲が広範囲に渡り、論点も濃く、合格すれば大学レベルの会計学基礎知識があるという証明ですから、独学で突破すること自体めずらしいのだそうです。

 

2級の内容を見て思いましたが、数段難しくなったように感じました。

3級を勉強したときに手こずった勘定記入や、月数計算→再振替仕訳でさえ、2級の問題を解いていれば簡単に思えるほどです。

わかりやすく表現するなら3級と2級の間に2.5級があるんじゃない?というような感じです。

しかしどの単元を見ても、3級で勉強した内容が基盤になっているのでしっかりと理解している方は2級もあまり難しく感じないかもしれません。

とくに簿記は、借方と貸方の理解、勘定記入の書き方、損益振替、再振替仕訳、月数計算の理解がポイントになっていると思いますが、基礎的なルールをしっかりと覚えれば、問題が難しくなってもそれほど難しく感じないのですよ。

問題が難しく感じるのは小難しい漢字や言葉の言い回しなどがそう感じさせています。

計算式を覚え、新しい勘定科目を覚え、2級を攻略してみようと思います。

 

 

2級が小難しく感じるポイント

仕訳と侮るなかれ、2級の勘定科目は長いし漢字も多く使われている。

売掛金!とか固定資産売却益!固定資産売却損!なんて一言で済むものではなく、種類が多い。

漢字、事務職でないと普段あまり使わないような小難しい漢字。普段適当に書いているといざ本番で間違えて✕にされる可能性あり。漢字も練習して覚えないと。

純資産の項目が増える。

損益は繰越利益剰余金勘定に振替!

3級より難易度が上がり、新しい勘定科目も続々と登場。

さらに工業簿記が加わり、試験範囲が広い。

3級で使用した教材が手元にある方は、まだ処分せずに様子をみたほうがいいと思います。

私はテキストは既に売ってしまいましたが、使い倒して売れなかった合格トレーニングが手元に残っているので確認用としてたまに使っています。

新しく買うほどではないし、無い方はネット動画やフリマアプリでも充分と思います。

 

柚子胡椒
まさか3級の内容を復習する必要があるとはな。試験終わったきりでいいのかと思ってたワシ。

 

 

 

3級と内容が被っている範囲 仕訳日計表

 

3級で勉強していた内容も再び登場。勉強済の単元はさらっと勉強時間を節約できます。

 

減価償却費、有価証券もより詳細に扱います

減価償却費は

3級ではただの(借方)減価償却費 でした。

2級では少し複雑な処理をします。

具体的にはリース取引が新しくでてきます。

 

有価証券は

3級ではただの 有価証券 で処理していましたが

2級では有価証券の処理が4種類あります。

 

3級はばっちり!というなら

先ほども少し触れましたが、3級の基礎がばっちりであれば2級もさほど難しく感じないかもしれません。

というのも、土台となる知識が既にあるので、2級の新しい勘定科目を覚えて、処理を覚えるだけだからです。

計算式など覚える必要もありますが、簿記は数学ではないので難しい計算式が出てくるわけでないし、ごく一般的な計算で電卓使用OKです。

2級で新たに出てくる勘定科目は3級のように簡単な単語ではないし、処理も複雑ですが、基礎を積み重ねることで合格圏に辿り着けるような気はします。

決算整理の処理も少し追加されますが、今のところ(中盤まで進みました)歯が立たないという論点にはまだ遭遇してません。

勘定記入や精算表、再振替仕訳や損益、決算整理なども基本的に全て3級にプラスα

基本的な構造や理解は同じです。

基礎が頭に入っていると応用が利くので理屈でわかるようにしていきましょう。

百聞は一見に如かずで、動画を使用して勉強をするのも私は効果的でした。

 

工業簿記

2級から新たに加わる工業簿記。

商品売買業のように仕入れたものをそのまま売るという形態とは違い、

材料を仕入れて手を加えて出荷販売する製造業の簿記になりますね。

 

テキストをサラっと読んだ感じでは、

勘定科目や仕訳は少ない

計算が多め

でした。

図を書いて理解していくような攻略になるかと思います。

 

内容のボリューム的には

 

工業簿記<<<商業簿記

 

工業簿記はあっさりいきたいですね。

 

工業簿記が苦手という方

 

以前、原価計算初級を学習していたおかげで、すんなり入れました。

原価計算初級と2級の工業簿記は内容が重複しています。

原価計算初級が2級工業簿記の下級なので一番初歩的な説明になっています。

 

難しいと感じたら原価計算初級から入るのはどうでしょうか?

 

 

一発合格を目指す!

 

商業簿記テキストを1周して全体像を把握

精算表や財務諸表、連結会計は一通りの勘定科目や処理、決算整理を覚えないと解けないのでいったん置いておく

工業簿記のテキストを一周して全体像を把握

商業簿記に戻り、問題演習を開始

処理を覚えるには問題を解きながらが速い

テキスト内容を全て覚えようとせず、半分把握するくらいでよいので、問題演習に入ったほうが時短になりますし効率的

きりのいいところで工業簿記の勘定科目、計算式と図、処理を復習

工業簿記も問題演習を開始

ひたすら問題演習モード

商業簿記、連結決算に突入

攻略に時間がかかりそうなので集中的に

ここまで使うのはテキスト2冊(工業簿記、商業簿記)と合格トレーニング2冊(工業簿記、商業簿記)

自力で解けるようになったらYouTube動画で実際に講師の先生が解いているところや解説を見て理解を深める

インターネット上に公開されている問題をひたすら演習

 

試験が近くなったら、直前対策集とあてるを使って対策

 

柚子胡椒
ワシこれでいくわ(`・ω・´)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柚子胡椒

30代 独身 フリーランスという働き方に憧れている。生活の「?」や経験を共有します。知識教養を学ぶべく勉強しています。趣味は挑戦すること(`・ω・´)

-日商簿記2級, 資格に挑戦
-

Copyright© ion , 2019 All Rights Reserved.