Wordpress

WordPressのテーマを変更する前に気を付けたいこと

投稿日:2019-01-11 更新日:

ワードプレスは無数のテーマが存在しています。

最初のうちは色々と試して、自分のお気に入りのテーマを見つける方も多いかもしれません。

私も何度も試してようやく決めました。

そこで、ワードプレスのテーマを変更したときに大変だったことを書きます。

 

さまざまに試した結果、出会ったテーマについて書きました。

ワードプレス 無料テーマの体験談

続きを見る

 

 

大変① Wordpressのテーマを変更するとCSSエディタがリセットされる

 

CSSとは文字を装飾するときに使用するコードです。

CSSは、CSSとHTMLがセットで役割を果たします。

HTML・・土台を指定する要素。

CSS・・HTMLで書かれたコードに立体感を付けたり装飾をする。目に見て楽しい。

 

HTMLは文章の投稿画面で直接打ち込むことができますが、CSSは別の場所に記述します。

ワードプレス管理画面 → テーマ編集 → CSS編集エディタ というところに記述します。

 

テーマを変更すると、テーマの編集に書いたCSSコードがテーマと一緒になくなるので、投稿画面のHTML要素だけ残っても、装飾されないのです。

 

なので、HTMLだけを使って記事を書いてるならいいのですが、テーマ編集にCSSも記述している場合は、テーマを変更すると新しいテーマ内で記述する必要があるので注意が必要です。

 

親テーマと子テーマが用意されている場合、子テーマを有効化してカスタマイズしたほうがいいといわれる理由もここにあります。

 

親テーマは更新(アップデート)が来るたび、新しいバージョンを読み込み、問題がなければ古いプログラムを削除します。

 

もし親テーマを直接カスタマイズしていたら、更新のときにそれも白紙になってしまい、更新の度に全てやり直さなくてはいけなくなります。

 

 

大変② カスタマイズの設定が最初から

上の例で挙げたように途中でテーマを変更すると、テーマのカスタマイズも最初からになります。

(親テーマと子テーマ両方とも、違うテーマに変更なので)

(新しくインストールしたテーマは初期値からスタートですね)

 

何度も変更すると毎回ちょっと面倒ですね(;^ω^)

 

大変③ パーマリンクを更新した場合は、内部リンクも外部リンクも無効になる(404エラー)

パーマリンクはできればサイト立ち上げと共に設定し、変更しないほうがいいです。

検索エンジンの表示順位もリセットされますので、注意してみてください。

 

 

大変④ テーマの機能で実装した装飾が無効になる

 

テーマ特有の機能で実装した設定が、無効になります。

 

例えば

ブログカード

前のテーマで使えても、新しくしたらブログカードの装飾使えなくなったなどがあります。

 

アフィリエイトの設定など(各アフィリエイトのidなどまとめて設定できる機能など)

 

Googleサーチコンソールやアナリティクスのトラッキングコードの入力なども都度やり直しです。

 

 

 

なるべく早い段階でテーマを絞り、同じテーマでサイトを育てていったほうが効率よいですね。

工夫など加えると、どんどんオリジナリティも出てきますからね。

 

WordPressのテーマ(使ったことがあるテーマをレビュー)

Luxeritas(ルクセリタス)

多機能、SEO対策済、高速が評判の無料テーマです。

最新版は2018.12.22 リリース(2019年1月現在)

親テーマ・子テーマあります。親子とあるものは基本的に

親テーマをダウンロードして、次に子テーマをダウンロード

そして子テーマを有効化します。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

https://thk.kanzae.net/wp/dl/

私が Luxeritasを使用して思ったのは、シンプルな土台ならではの、カスタマイズのしやすさがあります。もともと個性的なテーマだと、誰がカスタマイズしてもだいたい同じようなサイトになってしまうので、 Luxeritasの強みかなと。

投稿画面で記事を作成するときに、別枠でSEO対策にキーワード入力欄が用意されていました。

Godios

爆速表示が実現できる素晴らしいテーマ。

こちらも親テーマ・子テーマあります。

ページ遷移するときにヘッダーやフッダーはほぼ内容が変わってないことに注目され、その部分を毎度読み込むのは無駄であると、必要最小限のページ読み込みに着目された爆速テーマになっています。

GoogleアドセンスやSEO対策、優れたキャッシュクリア機能が予め実装されているのでプラグインも数少なく済みます。

シンプルで爆速を追求した素晴らしいテーマです。かなり好きです。

ただ、私は自分で親テーマをいじるスキルもなく、少々見た目が寂しいかなと感じたのでテーマ変更を決意しました。

爆速を体感してください。

https://godios.simmon.design/category/usage/

Giraffe (ジラフ)

https://junichi-manga.com/wordpress-theme-giraffe/

意味はキリンです。

コンテンツマーケティングに最適化された可愛らしいテーマ。

制作者の方はあまりアフィリエイト向きには作っていない、との噂もネットで見ました。

使いたいと思いインストールしたのですが、Googleアドセンスの貼る場所がわからず、プラグインで対応してみるも上手くいかなかったので断念しました。

いずれアフィリエイトでなくコンテンツマーケティングをするときが来たら、ぜひ使ってみたいと思います。一目惚れするくらい可愛いです。

Cocoon

無料版の最強テーマです。

有料版テーマで実現できる機能と同じ機能が実装されています。

無料テーマなら、間違いなくCocoon一択です。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

https://wp-cocoon.com/downloads/

親テーマ

子テーマ

こちらの子テーマを有効化して、カスタマイズしていきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柚子胡椒

30代 独身 フリーランスという働き方に憧れている。生活の「?」や経験を共有します。知識教養を学ぶべく勉強しています。趣味は挑戦すること(`・ω・´)

-Wordpress

Copyright© ion , 2019 All Rights Reserved.