今年秋をもちましてサイト完全移転します。

とりまるブログ

クラウドワーク

Cloudworksの登録やり方から、実際に仕事を受けるまでを解説

投稿日:2019-01-29 更新日:

Cloudworksの登録は無料です。

CrowdWorks

 

年会費無料

 

月額利用料無料

 

アカウントを作成すると、募集されている仕事を見たり応募できるようになります。

 

無料アカウント作成する

 

自分の基本情報を登録します。

 

氏名(クラウドワークス上のネーム)

住所

給料の振込先などを正確に入力します。

 

プロフィールの書き方

 

以下は私のページになりますが、例に見ていきます。

 

 

サマリー というのは自分のページになります。

発注者が人選するときに、参考にするページになるのでアピールポイントを書いておくといいです。

保持している資格があればそれも書きましょう。

サイトやブログを持っていればこちらを知ってもらう要素になるのでURLなど貼りましょう。

 

さらに詳しく

少しクラウドワークスで作業をしてからになると思いますが、自分の得意な作業と苦手な作業がわかってきます。それも書くと、相手の選考材料になります。得意な作業はどんどん仕事していきましょう。

 

「ありがとう」 というのは仕事の発注者さんや、やり取りした相手が自由にクリックしてくれます。

 

受注案件は、自分が仕事を契約した数

評価は仕事を納品した後に相手から評価される項目で、5段階になっていて、

1 悪い 2 やや悪い 3 ふつう 4 やや満足 5 たいへん満足

です。

 

 

自分が希望する仕事内容を入力します。

「時間単価」 一時間あたりいくらの仕事をしたいか

「稼働時間/週」 一週間あたりどれくらい作業に充てられるか

「作業承認率」 パーセントが高いほど確実に納品することを意味します

 

本人確認」 身分証明書をスマホカメラで撮影してクラウドワークスに送信します。

NDA締結」 業務で知る内容を公にしない他言しないという約束です。会社の企業秘密や扱う個人情報などが含まれます。

 

とくにこの2つは、「済」にしておくと仕事の契約率が高まります。

このご時世、秘密保持契約(NDA)を結ばずに外注する企業は少ないですし、きちんとした相手なら必ずといっていいほど仕事の契約をするに先立ってNDAを締結します。

 

各ページを見る

 

実績、評価は 今までの作業内容や評価が見れます。

自分で見る機会は少なく、主に発注者が 契約するときに メンバーの情報をみて判断材料にします。

 

 

スキルはアピールポイントです。

スキルや資格があればここにも入力します。

★は自分で選択します。

 

コンペに応募した経験があれば、ここに表示されます。

発注者も見ることができます。

 

これで必要な登録は終わりです。

 

仕事を検索して、やりたいものがあれば応募してみます。

 

CrowdWorks

 

 

緑の木
「タスク」の案件は、ボタン1つですぐ作業ができるから手軽よ。

 

 

 

柚子胡椒
タスク以外は、応募して担当者と軽くメッセージのやり取りしてから作業に入るからまずは「応募画面へ」移動するよ。

 

 

 

ここで相手が募集時に提示している金額や、自分の要望などを入力します。

 

「契約金額の掲示」 はクライアント(発注者)が募集時に掲示している金額があれば「契約金額を掲示」にして「契約金額」にその数字を打ち込みます。

 

「相談してから」というのは、大規模な開発だったり、相手が予算の検討付かないので大まかな金額掲示お願いしますと言われたときに、ここにチェックします。

 

それ以外はあまり使うことないです。

通常、使うことが多いのは「契約金額を掲示」にして「契約金額」にはクライアントが掲示している金額を打ち込む。

 

 

「支払い方式」 もクライアントが掲示している募集形態でチェックします。

 

「源泉徴収をしてもらう」 クラウドワークスの収入も税金の対象になります

 

はてな

源泉徴収とは、働いた分にかかる所得税を 給料の支払額から差し引いて、雇い主(この場合クライアント)が一時的に預かり、後日税務署に納付することをいいます。

通常、会社員やパートアルバイトの給料は、給料総額から源泉徴収額が引かれて支給されるので意識することは薄いかもしれませんが、副業ではこの管理を自分でしなければいけません。

 

ミドピー
国民は税金を納める義務があるからですね。避けられません。

 

クライアントが源泉徴収を引いてくれる場合はいいですが、ほとんどの場合は自分で把握しておかなければいけないと思います。

 

クラウドワークスは必要であれば源泉徴収用の明細も出力可能です。ほとんどはここのチェック無しで、年間所得が一定額(副業は20万以上)に達すれば自分で納税する必要があります。

 

 

「完了予定日」 納品期限が決められている場合はここに入力します。

とくにない場合は空欄のままで。

 

「募集有効期間」  とくに設定なし。

 

「メッセージ」 ここが一番大事なポイントになります。

挨拶、簡単な自己紹介を入力し、次に実績などあれば入力し、具体的な質問があれば入力し、意気込みを書きます。

 

そして応募します。

 

 

クラウドワークスはスマホアプリもある

 

作業するときだけPCを使って普段はスマホでメッセージのやり取りをする人は、スマホアプリが使いやすいです。

 

下記のリンクからインストールできます。

(Android、ios対応)

https://crowdworks.jp/blog/?page_id=1459

 

資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

 

自宅で仕事ができる?!クラウドワークスで募集されている仕事の種類

続きを見る

 

クラウドワークスは本当に稼げる?怪しい?

続きを見る

(Visited 11 times, 1 visits today)

アーカイブ

-クラウドワーク
-

Copyright© とりまるブログ , 2019 All Rights Reserved.