基本情報技術者試験 資格に挑戦

基本情報技術者の出題範囲と表計算を選択する人へオススメ参考書

投稿日:2018-12-28 更新日:

午前 80問 (四肢択一)

午後 13問中 7問 に多岐選択式で解答

午前・午後ともに 正答率60%以上 で合格

 

午前試験

80問 全問回答必須

テクノロジ系が問1~50までで計50問

 

マネジメント系が問51~60で計10問

 

ストラテジ系が問61~80までの20問

 

合計80問構成の試験です。

(画像はIPA資料より引用)

クリックで拡大

テクノロジ系の問題数が全体の6割と多く深い知識が求められます。

午後試験

長文形式の問題(一問に設問が複数)が計13問出題

その中から7問に解答します。(選択式

午後問題の分野別出題数は以下の通りです。(画像はIPA資料より引用)

 

柚子胡椒
実際に書店へ行って、参考書の中身を見比べてきました。

合格した受験生が多く使っていて、おすすめの参考書をピックアップでご紹介します。

 

アルゴリズム 対策

勉強を始める順番として、一番早く始めたほうがいいのがアルゴリズムです。

暗記すればよいのではなくて、初心者は理解に時間のかかる分野です。

フローチャート図じゃなく、言語形式での出題

基本情報技術者試験はアルゴリズム必修なので避けては通れません。

圧倒的にわかりやすいと感じたのが「ふくしま先生のアルゴリズム」

内容は数学が苦手でプログラミング経験の一切ない女の子が主人公に話が進められていきます。

ストーリー設定から初心者に配慮してつくられています。

うかる!基本情報技術者【午後・アルゴリズム編】 フクシマ先生

 

アルゴリズム解法と迷ったんですが、こちらは元から少し知識がある人向けになっている気がします。

かんたんアルゴリズム解法流れ図と疑似言語


基本情報技術者大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法流れ図と擬似言語/大滝みや子【1000円以上送料無料】

 

 

私は全くの初学者なので、上に挙げた ふくしま先生の参考書を購入しました。

 

柚子胡椒
第一印象は大事だよな。初っ端が難しく感じると勉強が進まないからな。

 

 

表計算 対策

実務でプログラミングをしている人、プログラミングの経験がある人、得意な言語がある方は言語を選択できますね。

言語問題の試験範囲は、基礎を中心に出題されているようです。

一方でプログラミングの覚える量は膨大であり、短期間でマスターできるものではないので、初学者は表計算の一択といえます。

Excelを操作したことがあれば、なお理解が早いと思います。

Excelでは使わない関数も出題範囲になっているので、しっかり勉強する必要があります。

 

とっておきの表計算

どちらも評判がよく、実際に書店で確認したときどちらとも解説は丁寧です。

 

ココがポイント

ページ数の分だけ解説も丁寧で、絵が多くてイメージしやすいのでキタミ式を選びました。

わからないで難しい参考書を読んでも意味が無いので、自分のレベルに合った参考書を使用するようにしましょう。

 

 

直前の仕上げはこの2冊で充分

 

メモ

基本情報技術者試験の午前対策は、ひたすら過去問道場を繰り返し解けば突破できるだけの力が付くと思うので、「過去問題集」はあえて購入する必要はないかなぁ。

 

 

まとめ

基本情報技術者で表計算を選択する人 かつ初学者が必要な参考書の数は、

基本情報技術者(メイン)1冊

表計算 1冊

アルゴリズム 1冊

最低限 3冊は購入する必要がありそうです。

 

緑の木
これで試験対策はバッチリだね~
参考書の厚みは3cm以上もあります!ぎっしり。

参考書はインスピレーション的な部分もあるので、どの参考書が使いやすいかは実際に書店で手に取ってみることをオススメしますよ!

 

 

どちらも評判がよく、実際に書店で確認したときどちらとも解説は丁寧です。

 

ココがポイント

ページ数の分だけ解説も丁寧で、絵が多くてイメージしやすいのでキタミ式を選びました。

わからないで難しい参考書を読んでも意味が無いので、自分のレベルに合った参考書を使用するようにしましょう。

 

 

直前の仕上げはこの2冊で充分

 

メモ

基本情報技術者試験の午前対策は、ひたすら過去問道場を繰り返し解けば突破できるだけの力が付くと思うので、「過去問題集」はあえて購入する必要はないかなぁ。

 

 

まとめ

基本情報技術者で表計算を選択する人 かつ初学者が必要な参考書の数は、

基本情報技術者(メイン)1冊

表計算 1冊

アルゴリズム 1冊

最低限 3冊は購入する必要がありそうです。

 

緑の木
これで試験対策はバッチリだね~

らくらく表計算は少し文章が固く、私には難しいと感じました。

 

 

 


うかる! 基本情報技術者 [午後・表計算編]

アルゴリズムでお馴染み、ふくしま先生シリーズからも表計算が出版されてます。

 

基本情報技術者 午前対策はキタミ式

情報通信、IT、ネットワーク通信・・イメージしづらいですよね?

豊富なイラストを交えてわかりやすい解説をしてくれるのがキタミ式です。

 

 

参考書の厚みは3cm以上もあります!ぎっしり。

参考書はインスピレーション的な部分もあるので、どの参考書が使いやすいかは実際に書店で手に取ってみることをオススメしますよ!

 

 

どちらも評判がよく、実際に書店で確認したときどちらとも解説は丁寧です。

 

ココがポイント

ページ数の分だけ解説も丁寧で、絵が多くてイメージしやすいのでキタミ式を選びました。

わからないで難しい参考書を読んでも意味が無いので、自分のレベルに合った参考書を使用するようにしましょう。

 

 

直前の仕上げはこの2冊で充分

 

メモ

基本情報技術者試験の午前対策は、ひたすら過去問道場を繰り返し解けば突破できるだけの力が付くと思うので、「過去問題集」はあえて購入する必要はないかなぁ。

 

 

まとめ

基本情報技術者で表計算を選択する人 かつ初学者が必要な参考書の数は、

基本情報技術者(メイン)1冊

表計算 1冊

アルゴリズム 1冊

最低限 3冊は購入する必要がありそうです。

 

緑の木
これで試験対策はバッチリだね~

らくらく表計算 または とっておきの表計算

のどちらかがおすすめです。

 

とっておきの表計算のほうが、より初心者向きで1からスタートするのに丁度いいですよ。

らくらく表計算は少し文章が固く、私には難しいと感じました。

 

 

 


うかる! 基本情報技術者 [午後・表計算編]

アルゴリズムでお馴染み、ふくしま先生シリーズからも表計算が出版されてます。

 

基本情報技術者 午前対策はキタミ式

情報通信、IT、ネットワーク通信・・イメージしづらいですよね?

豊富なイラストを交えてわかりやすい解説をしてくれるのがキタミ式です。

 

 

参考書の厚みは3cm以上もあります!ぎっしり。

参考書はインスピレーション的な部分もあるので、どの参考書が使いやすいかは実際に書店で手に取ってみることをオススメしますよ!

 

 

どちらも評判がよく、実際に書店で確認したときどちらとも解説は丁寧です。

 

ココがポイント

ページ数の分だけ解説も丁寧で、絵が多くてイメージしやすいのでキタミ式を選びました。

わからないで難しい参考書を読んでも意味が無いので、自分のレベルに合った参考書を使用するようにしましょう。

 

 

直前の仕上げはこの2冊で充分

 

メモ

基本情報技術者試験の午前対策は、ひたすら過去問道場を繰り返し解けば突破できるだけの力が付くと思うので、「過去問題集」はあえて購入する必要はないかなぁ。

 

 

まとめ

基本情報技術者で表計算を選択する人 かつ初学者が必要な参考書の数は、

基本情報技術者(メイン)1冊

表計算 1冊

アルゴリズム 1冊

最低限 3冊は購入する必要がありそうです。

 

緑の木
これで試験対策はバッチリだね~
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柚子胡椒

30代 独身 フリーランスという働き方に憧れている。生活の「?」や経験を共有します。知識教養を学ぶべく勉強しています。趣味は挑戦すること(`・ω・´)

-基本情報技術者試験, 資格に挑戦
-

Copyright© ion , 2019 All Rights Reserved.