Googleアドセンス

アドセンスの禁止コンテンツについて

投稿日:2019-01-28 更新日:

 

アドセンス コンテンツポリシーは

Google広告や、検索ボックスを設置してはいけないページのことです。

 

これを無視して審査は通りません。

また、審査通過後のブログ運営でこれらに抵触すると、広告配信の停止や、アカウント閉鎖といった最悪の事態になりかねないので、アドセンスを始めるなら必ず知っておきたいことになります。

 

アダルトコンテンツや成人向け

Googleの解釈でアダルトコンテンツとは、子どもに見せても問題がないか、職場の同僚の前で閲覧しても恥ずかしくないかといった基準を目安にしてくださいとあります。

 

ポイント

検索演算子を使って自分のサイトがポリシーに違反している可能性のあるページを調べることができます。

Google検索で、自分のURLの前にsite:を付けて検索します。

例  site:http://www.jadufoue.com

 

禁止アダルトコンテンツ 詳しく

  • 裸、性行為の画像や動画など
  • 性的欲求を刺激する写真や画像(肌が透けて見える下着、誘惑ポーズ、部分的に修正してもアウト)
  • フェチや補助製品(性的嗜好や関連グッズ)
  • 国際結婚の斡旋
  • 不貞行為
  • 性的な店の宣伝
  • アダルトコンテンツを扱う外部リンクを掲載したページに広告を掲載すること
  • Google検索結果(語句、キーワードやタグが設置されたページ)
  • スパムコメントを含むページ
  • 性的な助言や医療のページ(性感染症や妊娠、出産、家族計画を含む)

 

柚子胡椒
このようなページにGoogleアドセンス広告を設置してはいけません

 

 

参考

勃起不全などの症状の治療に用いられる一部の医薬品は例外として認められている。

 

必須コンテンツ -設置するべきもの-

 

プライバシーポリシーを設置すること

 

ユーザーは自分の意志でパーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることを明示します。

広告設定

 

プライバシーポリシーの表示義務

続きを見る

 

 

著作権の侵害

Googleはデジタル ミレニアム著作権法(DMCA)に準拠しています。

デジタル ミレニアム著作権法についてwikiをみる

 

要は、人が作成したものや撮影したものを無断で使ったり複製したりNGですよってことです。

本人の許可を取るか、パブリックドメイン(著作権が放棄された、著作権フリー)の素材を使用しましょう。

 

コンテンツフィルタリングの対象

 

  • アダルト関連コンテンツ
  • 違法性のあるページ
  • 違法なファイル共有
  • 銃火器
  • 麻薬
  • アルコール類
  • タバコなど

 

Googleアドセンスの利用規約に目を通していますか?わかりやすく解説します。

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柚子胡椒

30代 独身 フリーランスという働き方に憧れている。生活の「?」や経験を共有します。知識教養を学ぶべく勉強しています。趣味は挑戦すること(`・ω・´)

-Googleアドセンス

Copyright© ion , 2019 All Rights Reserved.